京都市新庁舎整備懇談会座長就任挨拶 内井昭蔵

http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000002974.html

京都市新庁舎整備懇談会座長就任挨拶
[2011年7月21日]

 ただいま委員の諸先生方のご推薦を受け,全く非才を省みず,この大役をお引き受けすることになりました。内井昭蔵でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



 一言ご挨拶とお願いを申し上げたいと存じます。



 京都市新庁舎整備につきましては,かねてからの懸案でございました。新庁舎整備ということは,庁舎というハードな問題だけにとどまらず,市民生活,行政の理念,システム,敷地・場所にかかわる問題,さらには京都の歴史文化,京都の再生を目指すグランドデザインとの関係など,まことに多種多様な因子が複雑に絡まっている問題であります。しかも,各々の因子のみを取り上げて問題を解決しようとしても,なかなかそこには至らないと思っております。ここで求められていることは,総合的かつ独創的な視点であると思います。限られた時間内でそういった糸口を得られるかどうか,はなはだ疑問ではありますが,諸先生方の自由な,そして独創的で率直なご意見と,活発な議論をお願いいたしまして,問題の解決の糸口を早くつかみたいと考えております。委員の先生方の積極的なご協力,ご指導を賜りたいと存じております。



 さて,私は東京で生まれ育った者でございますが,現在,京都に在住し,これまで京都大学での教育や研究に従事し,また,いま建築中の和風迎賓館の設計,協力。それから,国際日本文化研究センターの設計などを通じまして,自分なりに京都を理解していると考えております。あわせて,外から京都を見ることができるといった別の目を持ち合わせていると思っております。この立場を生かしまして懇談会のお役に立ちたいと考えております。また,この機会に先生方からもいろいろとご教示願いたいと思いますが,この懇談会は公開ということでございますので,幅広い市民の皆さま方のご意見もなんらかの形でこの会に反映させていきたいと考えております。



 また,市長さま並びに議会の皆さま方にお願いでございますが,この懇談会の議論をぜひ生かしていただきたいと思います。先ほど市長さまからそのようなご趣旨も承りましたので,よろしくお願いいたします。



 まことに不慣れでふつつかな座長でございますが,なんとか調整役としてお役に立ちたいと考えておりますので,皆さまのご支援とご指導のほどを,よろしくお願いいたしたいと思います。ご挨拶にかえさせていただきます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。